MENU
人見知りの低学歴フリーターが起業して人生変えた方法

YouTube動画にモザイク(ぼかし)を入れる方法【ソフト不要】

僕はYouTubeで情報発信をしていて、基本的にPCの画面を映しながら喋るというスタイルで動画撮影をしています。

そこでよくあるのが「本名、電話番号、住所」などの「個人情報が動画に映ってしまった」というパターン。

基本的にモザイク編集は動画をアップする前にテェックをして、動画編集ソフトで行っているのですが、YouTubeにアップした後に気づくことも…

けんとのアイコン画像けんと

YouTubeにアップした動画を消して編集ソフトで
編集し直してまたアップロードするのはめんどくさいな〜

と思っていたんですがYouTubeの機能を使って、動画にモザイクを入れる方法があると知ったので、今回はその方法をシェアしたいと思います。

この記事の目次

Youtube動画にモザイク加工をする方法

まずは編集した動画から「動画の編集」を選択。

②エディタ

左のメニューから「エディタ」を選択。

③ぼかしを追加

YouTubeでぼかし

ぼかしを追加」をクリック。

④カスタムぼかし

カスタムぼかし」をクリック。

ちなみに「顔のぼかし処理」を選ぶと、人の顔に簡単にモザイクを入れることができます。

⑤ぼかす部分を選択

モザイク加工をしたい部分を選択」して範囲を決めます。

その後モザイク処理をしたい長さに合わせて、下の時間軸のバーをスライドして調整します。

⑥保存をする

モザイクの設定が終わったら、「完了」を押して動画を確認し問題が無ければ右上の「保存」を押して完了です。

YouTube機能のモザイクの注意点

動画編集ソフトを使わずに、YouTubeの機能を使ってモザイク加工ができるのは便利ですが、YouTubeのモザイク加工は処理が遅くて、適用されるまで少し時間がかかります。
その場合はモザイク処理される前の動画が公開されるので、気になる場合はモザイク加工が終わるまで非公開にしておきましょう。
けんとのアイコン画像けんと

僕はYouTubeのモザイク処理は、あくまで最終手段として考えていてます。

基本は動画をアップする前に動画をテェックして、動画編集ソフトでモザイク処理をするようにしていて、それでも見逃してしまった時だけ、最終手段としてYouTubeの機能を使うようにしています。
その方が効率がいいし、編集ミスも防ぎやすいかと。
僕の場合Macのファイナルカットプロを使っていますが、ほとんどの動画編集ソフトにはモザイク処理機能はあるはずですので、「動画編集ソフト名+モザイク処理の方法」と調べればやり方は出てくるはずです。

まとめ

今回は「YouTube動画にモザイク(ぼかし)を入れる方法」についてでした。
個人情報の流出には気をつけて、これからも動画作成をお互い頑張っていきましょう〜!

動画も撮りました!

「文章だけだと分かりにくかった」という方の為に動画での解説も作ったので、こちらも参考にしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

1991年生まれ・愛知県住在
23歳でフリーターとして働いていた時に、将来が不安でネットで起業。

お金だけを追い求める働き方をしても、幸せになれなかった経験から自己分析やコーチングを学ぶ。

何者にもなれない無名の個人が、強みや才能を活かして、WEBを使って好きなこと・やりたいことで稼ぐ方法を教えています。

コメント

コメントする

この記事の目次
閉じる