MENU
只今テーマ変更中です。

ブログの記事冒頭の書き出しの7つのコツ!【例文あり】

2019 11/12
ブログの記事冒頭の書き出しの7つのコツ!【例文あり】
「ブログの冒頭の書き出し部分て毎回悩んで時間がかかるんだよな〜」

そんなことで悩んでいませんか?

実は昔の僕も記事の冒頭の書き方が分からず、「どんな風に書こうかな〜?」「この書き方で正解なのかな?」と毎回悩んでいました。

しかし、今ではコツを覚えて自分のパターンを作ったので、スラスラとブログの冒頭を書くことができて、ブログを始めてから累計で460万PVも達成するまでになりました。

そこで今回は、記事の書き出しで悩んでいる方に向けて、僕が実践している記事の書き出しの7つのコツを紹介したいと思います。

√ 本記事を読んで得られること
  • ブログに訪れた人の感情を動かしワクワクと読み進めてもらえるようになる
  • スラスラと記事の冒頭が書けるようになる
目次

ブログの記事冒頭の役割と重要性

まずブロブ記事冒頭の役割とは、ズバリ「本文を読み進めてもらうこと」です。

記事の冒頭部分で興味を持ってもらえないと、せっかくブログに集客できても

「なんかこの記事読む気がしないな〜他の記事探してみよっ!」

となってしまいます。

あなたもネットで検索している時に似たような経験はありませんか?

検索ユーザーも時間を無駄にしたくないので3秒以内に

「この記事は読む価値があるか・ないか?」を判断します。

なのでブログでの記事の冒頭はタイトルの次に大事な部分です。

なので、ブログの記事を「まずは読んでみよう」と思えってもらう為に記事の冒頭での書き出しは重要になってきます。

記事の冒頭大事な理由
  • 記事の本文を読み進めるか決まる場所だから
  • 記事の導入部分で、ユーザーが離れると滞在時間が短くなりSEO評価が下がる

記事の書き出しの7つのコツ

  1. 共感する悩みの呟きから始める
  2. 「YES」と答えたくなる質問から始める
  3. ストーリーから始める
  4. ベネフィットを説明する
  5. 結論から言う
  6. 「答えを知りたい!」と思うようなクイズ形式から始める
  7. 権威を使う
宮本けんと 宮本けんと
一つずつ説明していきますね。

①共感する悩みの呟きから始める

共感する悩み

僕が一番よく使う方法です。

これはもう鉄板ですが、凄く効果的でそのキーワードで検索する人の悩みや心境を代弁してあげることで、

「そうそう!それで悩んでたんだよね!」

と共感を得れて記事に興味を持って読み進めてもらえます。

例えばLINEで女の子をデートに誘うコツ」というタイトルだった場合に

「好きな人とLINEを交換したんだけど、デートの誘い方が分からない」

「もしデート断れたら気まずくなるし、どうしたらいいんだろう〜」

そんなことで悩んでいませんか?

という風に先に読者の悩みを代弁して呟くことで共感してもらいやすくなります。

今回の記事の場合だと

「ブログの冒頭の書き出し部分て毎回悩むんだよね〜」

「記事の冒頭を書くのに悩んで時間がかかってしまう」

そんなことで悩んでいませんか?

の部分ですね。

そして読者の悩みを理解するには、検索意図をしっかりと理解しておく必要があります。

検索意図に関して詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

②「YES」と答えたくなる質問から始める

読んだ人が思わず「はい!」と言いたくなるような文章かスタートする方法です。

タイトル「クリックされるブログ記事タイトルの付け方!」

「どうせ記事を書くなら、沢山の人にブログを読んでもらいたいですよね?」

「上位表示するだけでなく、ちゃんとクリックされたくないですか?」

といった感じですね。

検索キーワードがクリックされるブログ記事タイトルの付け方!なので、ほとんどの人は「はい!そうです!」と思って興味を示してくれるはずです。

③ストーリー形式で始める

ブログ記事の書き出しはストーリーで

人の心はストーリーによって動かされます。ドラマや映画なんかも全てストーリーですよね。

ブログもス同じでストーリー形式で始めることで、読者の心を引きつけることができます。

タイトル失恋を忘れる方法について

あれは3年前の冬でした。

これまで人を本気で好きになったことが無く、お互い都合のいい時に会えるセフレ的な女性はいたりしてそれなりに充実はしていたのですが、

新しい職場に転職したことをきっかけに、始めて人を本気で好きになることができました。

3ヶ月間猛アタックして、勇気を出して告白までしまいたが彼女の答えは「NO」でした。

この時人生で始めて失恋というものを経験しました。

しばらくは胸が苦しくて仕事も手に付かないし、食欲もありませでした。

しかし、親友のある一言で気持ちが楽になり、前向きに生きれるようになって、今では橋本環奈似の3つ年下の会社で一番可愛いい女の子と付き合うことができて、幸せな毎日を送っています。

そこで今回は過去の自分のように苦しんでいる人達に向けて、失恋を忘れる方法についてシェアしたいと思います。

と言った感じですね。

ちなみにこの話は僕の経験ではなく、フェクションですよ。(笑)

④ベネフィットを説明する

ベネフィットとは、「得られる未来のこと」という意味です。

記事の冒頭でベネフィットを入れておくことで、読者は記事を読むメリットを感じ、最後まで関心を持って読んでくれやすくなります。

タイトル失恋を忘れる方法について

今回は失恋を忘れる方法について紹介したいきたいと思います。

この記事に訪れているは現在失恋で辛い思いをして苦しんでいる方が多いと思うのですが、

今回の記事を最後まで読むことで

失恋を忘れて前向きに人生を楽しむことができて、更に新しい恋人や好きな人ができるチャンスを掴むことができるようになります。

是非最後までご覧下さい。

と言った感じですね。

実際に失恋で苦しんでいる人がそうやって言われたら、読まずにはいられませんよね。笑

⑤結論から言う

人はダラダラと結論が分からない話しをされると

「で、結局何が言いたいの?」

となってしまい、途中でストレスを感じてしまいます。

なので、記事の冒頭で結論をバッシッと言ってもらえると、スッキリとした気持ちで、記事を読み進めていくことができます。

タイトル「初心者がネットビジネスで稼ぐ方法」

結論から言います。

初心者がネットビジネスで稼ぐ方法はブログやメルマがを使った情報発信ビジネスです。

その根拠と理由をこれからお話ししたいと思います。

どうでしょうか?

ダラダラと結論を言わない人よりも、先にドンッと結論を言ってくれた方が、その先が気になって読みたくなりますよね。

⑥答えを知りたい!と思うようなクイズ形式から始める

いきなり質問から始めて、相手に「なにそれ!知りたい!」と思わせる方法です。

タイトル「好きな人とLINEで好感度を上げる方法」

あなたは、女性に無意識レベルで好意を与えて、好感度を一瞬でバク上げすることができる、LINEの方法を知っていますか?

もしこの方法を知ることができれば、あなたは今後一切女性とのLINEで悩むことはなくなり、、、

てな感じですね。

ちなみにこれはあくまで例なので、LINEで一瞬で好感度をバク上げするような魔法のような方法は存在しません。笑

⑦権威から始める

権威といのは、「一般の人が見て凄い!」と思う実績や肩書きなどですね。

タイトル「ナンパを成功させる方法」

どうも、元コミュ障でナンパで100人斬りの◯◯です。

タイトル「ブログで稼ぐ方法」

どうも、ブログ収入だけで家族を養う◯◯です。

タイトル「脱サラする方法」

どうも、元ブラック企業から自分で起業して、1日2時間で月100万円稼ぐ◯◯です。
 
などですね。
 
元◯◯という部分に、過去の自分を入れることで、そのキーワードで訪れた人に親近感を感じてもらいやすく(自分と同じ人)でも成功できるんだ。と希望を与えることができます。
 
 
注意点として、あまり露骨に「1日2時間で月100万円稼ぐ◯◯です。」というと風に言うと、少しやらしい感じがして逆に反感をかう可能性があるのでバランスが大事です。笑
 

記事の冒頭を最後に書くのもあり!

僕はどうしても、納得のいく記事の冒頭が思いつかない時は、とりあえず記事の本文から書いて最後に記事の冒頭を書くということもあります。

「最初は全く思いつかなかったけど、後で書く時はすんなり書けた」ということも多々あります。

宮本けんと 宮本けんと
ブログは上から順番に必ず書かないといけないという絶対ルールがある訳ではないので、臨機応変に書く順番を変えてもいいすね!
 

まとめ

今回「記事の冒頭の書き出しの7つのコツ」について紹介しました。

これまで記事の書き出しで悩んでいた方は是非参考にしてみてくれたらと思います。

ある程度パターンが分かっているだけでも、記事作成のスピードアップしてスラスラ書けるようになりますよ。

記事の書き出しの7つのコツ
  1. 共感する悩みの呟きから始める
  2. 「YES」と答えたくなる質問から始める
  3. ストーリーから始める
  4. ベネフィットを説明する
  5. 結論から言う
  6. 答えを知りたい!と思うようなクイズ形式から始める
  7. 権威(肩書や実績)から始める

このブログで使っているテーマ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる