MENU
只今テーマ変更中です。

検索意図の調べ方と考え方を図解で分かりやすく解説!

2020 4/04
検索意図の調べ方と考え方を図解で分かりやすく解説!
ブログ読者のアイコン画像ブログ読者

・検索意図を理解しSEOに強い記事を書きたい
・検索意図の考え方やリサーチ方法を知りたい!

けんとのアイコン画像けんと

そんな方に向けて今回は索意図の調べ方と考え方!について分かりやすく解説します。

目次

検索意図とは?

検索意図とはユーザーが「そのキーワードで検索した理由」です。

僕らがネットで何かを検索する時って、必ず何かしらの理由がありますよね?

その検索した理由を知ることが、検索意図を理解するということになります。

こうやって聞くと単純で簡単そうですが、検索意図を理解する為には、見えない相手の事を真剣に考えて、頭をフル回転させて考えたりリサーチする必要がります。

索意図の理解=相手の立場になってどれだけ気持ちを考えることができるか?

という姿勢が大事になってきます。

検索意図を知る重要性

SEO面でももちろんですが

検索意図を理解できているかどうかで、書く前に勝負は決めっている

といっても過言ではないくらい検索意図を理解するのは重要です。

何故なら検索意図を理解せずに、記事を書いたとしても、そのキーワードで訪れた人が求めている答えを書けていなければ

何も価値提供できず、むしろただ時間を奪っただけ。の状態になってしまい、それだどファンもできず、SEO的にもすぐ閉じられるページは評価が下がって検索順位にも悪影響が出てしまいます。

  • 検索意図を理解してない記事は読者にも嫌われる
  • 検索意図を理解してない記事はSEO的にも悪影響

顕在ニーズと潜在ニーズについて

検索意図の考え方として、抑えておきたいのが顕在(けんざい)ニーズと潜在(せんざい)ニーズの2つです。

・顕在ニーズ=自分で気づいているもの
・潜在ニーズ=自分でまだ気づいていないもの

検索キーワードに対し、その人がまだ自分でも必要だと気づいていないものを先回りで理解し、その情報を提供することで、読者は「役に立った!」と価値を感じてもらいやすくなります。

顕在ニーズと潜在ニーズの例

顕在ニーズと潜在ニーズ

実際にあったキーワードを例に、顕在ニーズを潜在ニーズを見てみると上図のようになります。

検索では「可愛い 下着 通販」と調べていますが、そのキーワードを調べる欲求の先には

女性のアイコン画像女性

可愛い下着を買って自信を持ちたい!
彼氏に可愛いと褒めてもらいたい!
初デートに備えた勝負下着が欲しい

などの欲求が隠されています。(本人に自覚があるかは別として)

先程紹介した潜在ニーズ

・可愛い下着を買って自信を持ちたい!
・彼氏に可愛いと褒めてもらいたい!
・初デートに備えた勝負下着が欲しい!

を理解(予想)して記事を書くことで

・デートで失敗しない服装選び!
・男ウケのいいパジャマのオススメのパジャマ!

などと顕在キーワードより、更に一歩踏み込んだ内容で役に立つ記事を書くことができます。

潜在ニーズを知ればお客様の満足度を上げれる

潜在ニーズをしっかりと抑えて記事を書けば、訪れた人が自分でも気づいていなかった求めている本当の情報を提供することができるので、価値を感じてもらいやすく、満足度を上げることができます。

検索意図(潜在ニーズ)についての考え方

検索意図と顕在ニーズの重要性について理解してもらった所で、実際に検索意図や顕在ニーズについての考え方について紹介します。

「何故?」を問い続ける(Why思考法)

検索キーワードに対し何故?を問い続けることで検索意図を理解することができます。

検索キーワード「ネット稼ぐ方法 初心者」

  • ネット稼ぐ方法初心者→何故?
    • 仕事が辞めたい→何故?
    • 人間関係がストレス→何故?
    • 上司と合わない→何故?

と掘り下げていくことで、「人間関係がストレスで仕事を辞めたい」「上司と合わない」という潜在ニーズを見つけることができます。(あくまで予想ですが)

ベネフィットを考える

検索意図について考える時は相手ベネフィットを考えるのが有効です。

ベネフィットとは「目的を達成したら得られる未来」のことです。

その検索キーワードで検索する人は、検索して何を解決したいのか?どんな感情を得たいのか?を考えることでベネフィット(読者の理想の未来)が思い浮かんできます。

検索意図の4つの調べ方

検索意図を自分で考えるのも大事ですが、実際に調べてみるということも大事です。

自分の頭の中だけで完結すると、ひとりがりな発想になってしまう危険性もあるので必ずリサーチをします。

ここからは検索意図の実際の調べ方について、簡単なものから順番に紹介していきます。

①ライバルブログをテェックする

一番手っ取り早いのが自分が書こうとしているキーワードで検索して

1ページ目に表示される記事がどんな内容で記事を書いているか?特に見出しを確認してみるのが有効です。

その時に参考にできるものがあれば、もっと分かりやすく表現したり、自分らしさを加えたりしてアレンジして自分の記事に活かします。

②サジェストキーワードを参考にする

検索意図を理解するのに有効なのが、サジェストキーワードを参考にすることです。

サジェストキーワードとは、Googleなどで検索する時に、実際に検索されているキーワードを表示してくれる補助ツールです。

③Yahoo知恵袋や2ちゃんねるなどで検索してみる

Yahoo知恵袋2ちゃんねるなんかでは、誰もが異名で身バレを気にせず、質問できるのでリアルでは人に言えない、ぶっちゃけた本音でストレートに質問されている内容が多いです。

つまり、書きたいキーワードで検索してみると、そのキーワードで投稿している人が本音で求めていることが分かるので、検索意図の理解という面で非常に確実性があります。

Yahoo知恵袋や2ちゃんねるなんかは、人間の本音が書かれているので読んでて笑ってしまう内容があったり、共感できる内容もあって凄く読み応えがありますよw

④アクセス解析から調べる

Google Analyticsなどのアクセス解析などを導入している場合は、実際にどんな検索キーワードで記事に訪れているか?を確認することができます。

それを元に情報を追記したり、新しい記事の参考にすることができます。

ある程度検索意図を理解したら、まずは記事を書いて、その後アクセス解析で検索意図を把握するというスタイルがオススメです。

アクセス解析での検索キーワードは自分にしか発見できてないお宝キーワードなんかもあるので、ライバルと差をつけることができます。

検索意図を理解する為に、日頃から相手の本音に耳を傾けよう!

検索意図 顕在ニーズと潜在ニーズ

検索意図スキルを身につける為に、オススメなのが日頃から手の本当に言いたいこと・伝えたいことを知ろうと努力することです。

検索意図とは「そのキーワードで本当に知りたいこと・求めていること」でしたよね?

実はこれはネットの世界だけでなく、リアルの世界でも同じようなことが言えて

人間(特に女性)は本音と建前があるので、相手の言葉の奥の「本当は何を伝えたいのか?」を考えることで、コミュニケーションも上手くいきます。

けんとのアイコン画像けんと

表面上の言葉だけでなく、心に耳を傾けよう

まとめ

今回は検索意図の調べ方と考え方についての解説でした。

検索意図を理解することで、ライバルブログより一歩踏み込んだブログが書けて、共感もされやすい記事を書くことができますよ!

これまで検索意図が分からず悩んでいた方は、是非参考にしてみて下さいね!

要点まとめ
  1. 検索意図=そのキーワードで知りたいこと・求めていること
  2. 検索意図を理解するかしないかで勝負は決まる
  3. 検索意図の基礎として顕在ニーズと潜在ニーズを知ること!
  4. 検索意図を理解するには、自分で考える&のツールを使う
  5. 検索意図スキルを身につける為に、日頃から相手の本音に耳を傾けよう!
  6. 人の気持ちが分かるようになればコミュ力も上がって異性にもモテる!

このブログで使っているテーマ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる