MENU
只今テーマ変更中です。

ブログのアイキャッチ画像でおすすめのデザイン11パターンとツール!

2019 11/12
ブログのアイキャッチ画像でおすすめのデザイン11パターンとツール!
「オシャレなアイキャッチ画像を作れるようになりたいけどどんな種類があるか分からない」

「デザインを1から考えるのが大変で、参考になるものがあればまとめてみてみたい」

そんな方に向けて今回は、これまえ僕が作ってきたアイキャッチ画像を参考におすすめのアイキャッチ画像のデザイン11パターンを紹介したいと思います。

最後にオシャレなアイキャッチ画像を簡単に作れるソフトも紹介しています。

宮本けんと 宮本けんと
アイキャッチ画像の作成に苦労している人達の参考になれば幸いです
目次

アイキャッチ画像のデザイン11パターン

①文字入れのみ

こちらは文字通り文字入れのみなので、一番簡単で手軽です。

オシャレ度
作成目安時間 10分程度
特徴/メモ とにかく簡単

②帯+文字入れ

グレーの帯背景の上に文字入れをして、文字部分を見やすく強調したデザイン。

オシャレ度
作成目安時間 10分程度
特徴/メモ 文字部分だけ強調できる

 

③グレー背景+文字入れ

画像全体をグレー背景にして文字入れ。少し優しい雰囲気になります。

 
オシャレ度
作成目安時間 10分程度
特徴/メモ 画像全体に文字を入れる時にオススメ

 

④黒背景+文字入れ

画像全体を黒背景にすることで、ダークでカッコいい系の画像になります。

 
オシャレ度
作成目安時間 15分程度
特徴/メモ ダークでカッコいい。

⑤ワンポイント画像+文字入れ

 
オシャレ度
作成目安時間 10分程度
特徴/メモ シンプル

⑤白枠+文字入れ

アイキャッチ画像シンプル

文字の周りを白フチを入れることで、シンプルでスッキリとした印象を与えることができます。

 
オシャレ度
作成目安時間 15分程度
特徴/メモ シンプルでクールな印象

⑥黒背景+白枠+文字入れ

 
オシャレ度
作成目安時間 15分程度
特徴/メモ シンプルでクールな印象

 

⑧グレー背景+文字+フチ

 
オシャレ度
作成目安時間 20分程度
特徴/メモ 画像にフチをつけることで目立たせることができる

 

⑨文字+ワンポイントメッセージ

吹き出しで「補足やサブタイトル」あどででワンポイントでパワーワードメッセージを加えると、読者の興味をそそることができます。

 

オシャレ度
作成目安時間 20分程度
特徴/メモ 吹き出しは動物や人のアイコンなどを組み合わせると便利!

⑩2つの画像を合体+片方に文字

 
オシャレ度
作成目安時間 30分程度
特徴/メモ 文字と画像部分を分けることでメリハリをつけれる

 

⑪背景に画像の組み合わせ+背景色+文字入れ

 
オシャレ度
作成目安時間 40分程度
特徴/メモ 背景の画像を4つ選ぶのに時間がかかる場合がある。

アイキャッチ画像作成なら『canva』がオススメ

アイキャッチ画像の作成ソフトにオススメなのが『canvaというクラウドで使えるソフトです。

canvaを使えば画像の素材探しから、画像編集まで一つのツールで完結することができます。

更にオシャレなテンプレートが最初から用意されているので、その中から編集することで誰でも簡単にオシャレなアイキャッチ画像を作ることができます。

効率よくアイキャッチ画像を作る為に、テンプレートのススメ!

毎回アイキャッチ画像を1から考えて作るのは、結構時間がかかってしまいます。

アイキャッチ画像を作る時間というよりかは、デザインを考える時間に時間がかかるので、前もっていくつかテンプレートを決めて用意して、そこから考える!というスタンスがオススメです。

カテゴリやテーマ毎にテンプレートを作っておくことで統一感が出て、オリジナリティーにも繋がりますし時短にもなるので一石二鳥です。

ここからは参考までに僕がアイキャッチ画像や、YouTubeのサムネイル画像を作る時によく使っているパターンを4つ紹介したいと思います。

パターン①

実際に作ったアイキャッチ画像はこちら

パターン②

実際に作ったアイキャッチ画像はこちら

 

パターン③

実際に作ったアイキャッチ画像

パターン④

実際に作ったアイキャッチ画像はこちら

 

まとめ

今回は、アイキャッチ画像 のおすすめのデザイン11パターンと効率よく作る方法の紹介でしたがいかがだったでしょうか?

これまでアイキャッチ画像の作成で悩んでいた方は是非参考にしてみて下さいね!

このブログで使っているテーマ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる