MENU

画像に矢印やモザイクを簡単に挿入できる「Skitch」の紹介!

2020 4/06
画像に矢印やモザイクを簡単に挿入できる「Skitch」の紹介!

こんにちは、けんとです。

今回はブログの画像編集時に、矢印やモザイクなどを入れたい時に便利な「Skitch」というアプリを紹介したいと思います。

「Skitch」を使えばMacで画面をスクリーンショットして、そこから画像編集アプリで編集する手間を省くことができ、スクリーンショットと画像編集を同時に行うことができます。

Skitchでできること
  1. スクリーンショットしてそのまま画像編集
  2. 矢印、モザイク、文字入れなどの簡単な編集
  3. 画像のサイズ変更
  4. ドラッグ&ドロップでブログに挿入

それぞれ説明していきます。

目次

kitchの簡単な使い方

編集画面

Skitchは機能が9つしか無いので、複雑な画像編集アプリなどと違い、かなり直感的に使うことができます。

画像のサイズの変更方法

ブログに画像を挿入する時は、サイズの大きい画像をいれまくると、ブログが重くなる原因になるので、必要最低限のサイズにしておくのがオススメです。

ブログの画像の横幅はどのテーマもだいたい800くらいまでなので、横幅を700~750で調整すると、横幅が揃ってバランス良く綺麗に画像が並べれます。

だいいた上の数字を360にすると、ちょうど画像サイズが720になるのde、僕はいつも上の数字を360で合わせています。

加工した画像をドラッグ&ドロップでブログやデスクトップに挿入

ドラッグ&ドロップする時はSkitchの編集画面の下の方にある「PNG」と書かれているところからできます。

早速使ってみよう!Skitchのダウンロードはこちら

使い方は説明するより、実際に使ってみて慣れた方が早いと思うので、こちらにダウンロードリンクを貼っておきますね。

ショートカットキーを使えばもっと便利に!

Skitchにはショートカットキーも用意されていて、特に「十字スナップショット」はかなりよく使います。

スクリーンショットと画像編集を同時にできるのは、かなり便利ですね!

追記:ショートカットキーが無効になった時の解決策

macOS Mojaveになってからの「Command+Shift+5」で標準のスクリーンショット機能が起動するようになってしまいました。

解決策として標準のショートカットキーを無効にすればOKです。

方法は「システム環境設定」⇒「キーボード」⇒「ショートカット」⇒「スクリーンショット」⇒「テェックを外す」でOKです!

まとめ:kitchを使えばブログの画像編集が10倍効率よくできます。

今回はブログに便利な画像編集アプリのSkitchの紹介でした。

僕はSkitchを使うまでは、編集した画像をブログに挿入するまで

  1. Macの標準でスクリーンショットを取る
  2. 画像編集アプリで加工
  3. Macの標準アプリでサイズ調整

、、、とかなり効率悪いことをしていました。

それが今ではこの一連の流れがskitchひとつで完結できるので、かなり効率よくブログ運営ができています。

こんな便利なアプリが無料で使えるなんて最高ですね!

けんとのアイコン画像けんと

あなたも是非使ってみて下さいね。きっとお役に立ちますよ!

動画も撮りました

「文章だけでは分かりにくい」という方もいると思ったので、動画も撮りました。
こちらも合わせてご覧になると、より分かりやすいと思います^^

このブログで使っているテーマ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる