MENU
只今テーマ変更中です。

悩みや不安が頭から離れない人が前に進む3つの方法!

2020 3/24
悩みや不安が頭から離れない人が前に進む3つの方法!

どうも〜宮本けんとです。

「迷ってばかりで行動できない」

「未来が不安で行動できない」

「悩んでばかりで前に進まない」

そんな状況って誰しも一度はありますよね。

しかし悩んだり迷っている時は一項に前に進まないしストレスも感じてしまいます。

そんな悩み癖がある人に今回は悩みと迷いを無くす方法をご紹介したいと思います。

目次

悩みや不安が頭から離れない人が前に進む3つの方法!

①未来に対して考えすぎない

未来に対して不安になる気持はよく分かる。

しかし人はもともとネガティブに考えるようにできている生き物だ。。悩もうと思えば人間はいくらでも悩める

でも何より大事なのは今だ。

今の積み重ねで人生は決まる。

まだ見ぬ未来に不安になって、1番大事な今を邪魔しては意味がない。

未来を気にして行動できない人は次の2つの考え方を取り入れてみて欲しい。

  • 行動して結果を元に考える。行動しながら考える。
  • まだ決まってない事に関しては悩まない!

実際に僕もこの2つの考えを取りれてから悩むことが少なくなり、行動力も上がって前よりも、欲しい結果を手に入れる事ができている。

人は不安だから行動できないのではなく、行動しないから不安になる 

②過ぎ去った過去を気にしてない

未来に対して悩むのとは逆に過去に対して悩む人も多くいます。しかし過去は未来と違って過ぎ去った出来事ですから、過去に対して悩んでも一つも良いことはありません。

人は後ろを向きながら前には進めないですから過去ばかり気にしているうちは前にも進めないということです。

過去ばかり気にして行動できない人は過去があるから今がある。なら未来は今創るものいう考えを取り入れて欲しい。

そう考えて行動していけば自ずと理想の未来に近づいていきます。

 

過去の結果が今なら、未来は今創れる 

③最悪の状況を想定し覚悟を決める 

何かに挑戦をする時や新しい事を始める時に「失敗したらどうしよう」と不安になることがあります。そうすなると行動するのに恐怖を感じ行動を止めてしまいます。

しかし最悪の状況を想定し覚悟を決めれば不安を解消し前に進む事ができます。

もし結果として最悪の状況になったとしても、それは想定内の出来事なので冷静に対処できますし、多少マイナスな結果に終わったとしても「最悪の結果と比べればこれくらいなら平気だ」それ程落ち込む事もなく気持を切り替える事ができます。

逆に言えば最悪の状況を覚悟できないのならば、リスクが大きすぎるので辞めておいた方がいいでしょう。

この考えはサッカー日本代表の長谷部誠さんから学んだものです。

常に最悪の事態を想定し、何事も受け止めるだけの準備をしておくことにより、そうなった時の行動が簡単になる

 

最後に 

昔の僕は細かい事まであれこれ悩んで色々比較したり、検証したりしていた。

しかし僕はある事がきっかけで危機的状況に陥ったしまった時気づいたことがる。

それは、「悩めるだけ幸せだし、悩みすぎるのは暇な証拠」

だと。

人は心から「やらなくては!」と危機感を感じると、これまで言い訳していた自分や甘かった自分や迷っていた自分がまるで別人かのように自然と行動していきます。

排水の陣ということわざがある通り人は前に進むしかない状況になれば、嫌でも前に進みます。

例えばですが、「1年以内に◯◯を達成しなければ、命を奪われる。」や「1年以内に結婚相手を見つければ、親に強制的にブスでデブのおじさんと結婚させられる」となれば嫌でも行動しますよね。悩んでいる暇も、迷っている暇もないはずです。

 

そう考えれば迷える、悩めるという状況はまだそれなりに選択肢があるとうことです。

悩んでばかりで苦しい人は悩みを苦痛だと解釈するのではなく、悩めるだけ幸せだと思えばずっと気持ちも楽に自然と前向きになりますよ。

このブログで使っているテーマ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる