MENU
人見知りの低学歴フリーターが起業して人生変えた方法

ブログの下書きが178記事も溜まったので改善策を考えてみた

気づけばブログの下書きが178記事も溜まっていました。

「ブログ100記事達成!!」

という報告はよく見かけますが、「下書きが100記事も溜まった」って話しはあまり聞かないですよね?(笑)

これはこれで、レアだと思うので、需要があるかは分かりませんが、今回の件をきっかけに「ブログの下書き溜める理由と解決策」を真剣に考えてみました。

僕と同じように

・ブログの下書きばかりが増えて、一向に公開ができない。

・下書きが既に30記事以上も溜まっている。

という方は是非参考にしてみて下さい。

この記事の目次

ブログ記事は完璧じゃなくても公開した方がいい

まず大前提として、ブログ記事は完璧じゃなくても、絶対公開した方がいいです。

その理由は3つあります。

  1. 最初のうちはブログは読まれない
  2. 後からリライトができる
  3. 完璧じゃない記事でも、公開すれば反応がもらえる時がある

それぞれ説明していきます。

①最初のうちはブログは読まれない

ブログ始めたばかりの、初心者の時期はアクセスが集まらないので、ほぼ誰にも見られないので、「こんなこと書いたらアンチコメントが来て批判されるかもしれない…」と過剰に心配する必要はありません。

なので最初の内は特に、60%くらいの出来でもいいから、ポッチっと公開しちゃいましょう!

②後からリライトができる

ブログはYouTubeなどと違って、アップした後に何回でも修正(リライト)が可能です。

なので1回目で完璧に書けなくても、次の日になって読み直して、ダメな部分を書き直すことができるます。

むしろ1日経ってから、書き直すことで、新しいアイディアが思い浮かんだりもします。

③完璧じゃない記事でも、公開すれば反応がもらえる時がある

記事を書いていて、「これじゃあまだ中途半端だ」と思っていたとしても、公開してみると意外と感謝のコメントをもらえたり、検索順位で一位になることもあります。

そもそもブログ記事は、読んでくれる人が評価するものなので、自分で未完成だと思っていても、ユーザーが満足してくれれば、それでOKなんですよね。

なので、完璧を目指して公開できないくらいなら、未完成でもいいから公開して、反応や結果を元に後から書き直せばOKです。

逆に完璧を目指して8時間かけて書いた記事でも、アクセスが全然集まらなくて、誰にも読まれないときもありますからねw

ブログの下書きが増えた3つの理由

ここまでで、「ブログは完璧じゃなくても公開した方がいいよ!」と偉そうに言ってきましたが、

「じゃあ何で178記事も下書きが溜まっているんだ?」っていう話なんですよね。(笑)

なのでここからは、何故ブログの下書きが178記事も溜まった原因を考えてみました。。

  1. ネタを思いついて勢いで書いたけど、途中でめんどくさくなった
  2. 完璧を求めすぎて公開できない
  3. 公開した後に下書きに戻したくなる症候群

①ネタを思いついて勢いで書いたけど、途中でめんどくさくなった

朝ランニングしている時とか、夜お風呂に浸かっている時とかに、

「ネタが急にパって思いついたり」、ふとした瞬間に「あっこれ書きたい!」

と気持が高ぶる時があるんですよ。

そういった時は、熱が冷めないうちにと思って、ソッコーでWordPress開いてブログを書く訳なんですが、書きたいことをバ〜〜〜って書いて100文字くらいかいたら、

「あれっもう書くことがない…」

ってなる時が。

自分としては、何か伝えたいことがあって書いたはずなのに、冷静に読み返してみると、内容が浅いし、文章量も少ない。

同じキーワードで検索してみると、別の人が自分の何十倍もいい記事を書いていて、「これってわざわざ俺が書かなくてもいんじゃね?」となって下書きになるパターン。

最近はこれが一番多いかも。

②完璧を求めすぎて公開できない

最近はあまりないですが、SEOを意識してゴリゴリに書く時は、狙うキーワードでライバルテェックして、

「その中で一番いい記事を書いてやる!」

と意気込んで書く訳なんですが、あまりにもライバルの記事が文字量が多かったり、写真がめっちゃ凝ってたりすると、途中で「あっこれ俺には勝てんわ」ってなって、

「中途半端な記事なら公開しなくていいやっ」って思い下書きにするパターン。

③公開した後に下書きに戻したくなる症候群

最後にやっかいなのが記事を書いて公開した後に、自分で読んで見ると「ん?この言いい方はちょっとキツすぎるんじゃないか?」

「もしこの記事を◯◯さんが見たら嫌な気持ちになるかもしれないな〜」

って感じて途中で下書きに戻すパターン。

これはHSP(繊細)すぎるゆえのことだと思うんですが、僕はメールとかも1通送るのに、めっちゃ考えるし、送った後も何度も見直して、「やっぱこの言い回しはよくなかったな。」と考えすぎてしまうタイプです。

これはHSPあるあるネタかもしれませんね。

ブログの下書きを溜めないようにすること

ブログの下書きが増える

ブログの下書きを自己分析した結果

  • ネタを思いついて勢いで書いたけど、途中でめんどくさくなった
  • 完璧を求めすぎて公開できない
  • 公開した後に下書きに戻したくなる症候群

という理由が分かったので、これからどうやって改善しようかを考えてみました。

300文字程度の短い文章でも公開する

完璧を求めすぎずに短い文章だとしても、とりあえず投稿するここと

やはり情報にも鮮度があるので、後で書こうと思っても、アイディアが思い浮かばなかったり、気持ちが覚めて書く気がしなかったりするので、今書きたいことは今書く、そして公開する」ということを習慣化しようと思います。

とりあえず公開して後でリライトする

仮に自分の中で8割の出来だとしても、とりあえず公開してしまって、後日リライトをするようにしようと思う。

やっぱり夜とかになると、頭も回らなくなって、いいアイディアも思いつかなくなるので、そういった場合は、とりあえずでも良いから、書いて投稿して次の日にリライトをするようにしようと思います。

定期的に下書きを見直して期限を決める

1週間に1回、月に1回とか定期的に下書きを見直す時間を作って、「その記事はいつまでに投稿するか?」を決めるようにする。

それで、もし投稿しない記事はその場で消して整理をするようにする。

自分に嘘のない生き方・働き方を。

「もっと自分らしく生きたい」

「将来が不安で自分に自信が無い」
「自分で稼げるようにりたいけど、何をしたらいいか分からない」

という方の為に
自分の好きなことを仕事にしながら、仕組みを作って自動化で稼ぐ方法が学べる無料コミニュティーを用意しました。

興味がある方は是非下記よりご参加下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

1991年生まれ・愛知県住在
23歳でフリーターとして働いていた時に、将来が不安でネットで起業。

お金だけを追い求める働き方をしても、幸せになれなかった経験から自己分析やコーチングを学ぶ。

何者にもなれない無名の個人が、強みや才能を活かして、WEBを使って好きなこと・やりたいことで稼ぐ方法を教えています。

コメント

コメントする

この記事の目次
閉じる