MENU
人見知りの低学歴フリーターが起業して人生変えた方法

【保存版】内向型とHSPの違いを分かりやすく図解で解説!

繊細さんのアイコン画像繊細さん

最近自分は内向型だと知ったんだけど、どうやらHSPの特徴もあるらしい。

どっちも特徴が似ているみたいなんだけど、一体何が違うんだろうか?

どっちの情報を参考にすればいいか分からなくて悩むな〜。

そんな風に悩んだことはありませんか?

実は僕も内向型でHSPの気質も両方あるのですが、最初の頃は違いがあまり分からず混乱していました。

そこで今回は内向型やHSPの事を初めて知る人でも、ゼロから分かりやすいように、図解と写真で詳しく説明しているので、是非参考にしてみて下さいね^^

この記事の目次

HSPの意味と特徴

HSPの意味と特徴

HSPとはHighly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で、直訳すると「とても敏感な人」という意味です。

人種や国に関わらず全人口の5人に1人の割合が生まれながらにHSPの気質を持っていると言われています。

HSPの代表的な特徴
  1. 一度にたくさんの情報を取り入れ深く考える
  2. 刺激を受けやすく疲れやすい
  3. 共感力が高い
  4. ささいなことにも
  5. 気づく(五感が鋭い)

HSPについての診断テストのテェック23項目

下記の項目で当てはまるものを数えて、12個以上ならHSPの可能性が高いとされています。

  1. 自分を取り巻く環境の微妙な変化によく気づくほうだ
  2. 他人の気分に左右される
  3. 痛みにとても敏感である
  4. 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋など、プライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
  5. カフェインに敏感に反応する
  6. 明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンなどの音に圧倒されやすい
  7. 豊かな想像力を持ち、空想に耽(ふけ)りやすい
  8. 騒音に悩まされやすい
  9. 美術や音楽に深く心動かされる
  10. とても良心的である
  11. すぐにびっくりする(仰天する)
  12. 短時間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
  13. 人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)
  14. 一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
  15. ミスをしたり、物を忘れないようにいつも気をつける
  16. 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
  17. あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり、神経が高ぶる
  18. 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
  19. 生活に変化があると混乱する
  20. デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
  21. 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
  22. 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できない
  23. 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

    出典:エレイン・N・アーロン(2008)『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ

いくつ当てはまりましたか?

ちなみに僕は、15個当てはまる中度のHSPでした。

HSPと内向型・外向型の割合

HSPと内向型・外向型の割合

HSPのうち7割は内向型と言われていて、HSPで外向型の30%の人のことをHSS型HSPと言います。

非常に敏感なのに刺激を求めてしまう人のことで、1人が好きなHSPで内向型の人と違い、活動的だが疲れやすいという性質を持ちます。

例えるなら砂糖アレルギーで食べると体がだるくなるのに、ケーキが大好きでつい食べてしまう人みたいなイメージです。

HSS型HSPは人口のわずか6%しか居ないと言われています。

内向型の意味と特徴

内向型の特徴

次に内容についてです。

内向型とは、人間の性格を大きく2つに分けた時に、自分の内側からパワーを得るタイプの人のことで、3人に1人の割合と言われています。

内向型の代表的な特徴
  • 1人の時間が好き
  • 大勢といると疲れやすい
  • 頭で考えることが好き
  • 喋るより書くことが得意

ちなみに自分の外側からパワーを得る外向型人間。と言って、内向型と真逆で、人とずっと一緒にいても平気、喋るのが好き、団体行動や騒がしい所を好む傾向にあります。

内向型人間のテェックリスト

下記の30項目の診断で、20個以上当てはまれば完全に内向型だそうです。

  1. 休息が必要な時はグループで過ごすよりも、自分だけか、二、三人の親しい人と過ごす方が好ましい。
  2. プロジェクトに携わるときは、細切れでなく、まとまった長い時間を与えてもらうほうがいい。
  3. 話をする前に予行練習を行うことがよくあり、ときには自分用にメモをつくる。
  4. 概して、話すより聞くほうが好きだ。
  5. 人から、物静かだ、謎めている、よそよそしい、冷静だと思われることがある。
  6. 祝い事は、大きなパーティを開くより、ひとりの人か、数人の親しい友達だけでしたい。
  7. 通常、返事をしたり、話したりする前には、考えなくてはならない。
  8. たいていの人が気づかないような細かいことに気づく。
  9. ふたりの人が喧嘩をした直後には、緊迫した空気感を感じる。
  10. 何かをすると言ったら、ほとんどの場合、その通り実行する。
  11. 仕事に締め切りや緊張性があると、不安を感じる。
  12. あまりに多くのことを同時進行していると、朦朧としてしまう。
  13. 何かに参加するかどうかを決めるのは、しばらく見学してからにしたい。
  14. 長期的な人間関係築くほうだ。
  15. 他人の邪魔をするのは好きでない。邪魔をされるのも好きでない。
  16. たくさんの情報を取り込んだときは、整理するのにしばらく時間がかかる。
  17. 刺激の多すぎる環境は好きではない。世間の人がなぜホラー映画を見にいったり、ジェットコースターに乗ったりするのか、さっぱりわからない。
  18. 匂い、味、食べ物、天候、騒音などに強い反応を示すことがある。
  19. 創造的で想像力に富んでいる。または、そのいずれかである。
  20. たとえ楽しんだとしても、社交的な催しのあとは消耗してしまう。
  21. 人を紹介するよりも、されるほうが好きだ。
  22. 人のなかや活動の場に長くいすぎると、不機嫌になることがある。
  23. 新しい環境には、しばしば居心地の悪さを感じる。
  24. 人に家に来てもらうのは好きだが、長居されるのは好きでない。
  25. 怖くても折り返しの電話をかけられないことがよくある。
  26. 人と会ったり、突然発言を求められたとき、頭が空っぽになることがある。
  27. ゆっくりと、あるいは、とつとつとしゃべる。疲れているときや、考えながら話そうとしているときは、特にその傾向が強くなる。
  28. ちょっとした知り合いは、友達と考えない。
  29. きちんとしたかたちになるまで、自分の作品やアイデアは他人に披露できないと感じる。
  30. 周囲の人に、自分で思っているより頭がいいと思われて、驚くことがある。

以上です。

どうでしたか?

ちなみに僕は30個全て当てはまりましたw

内向型とHSPの大きな違い

HSPと内向型の違い

ここまで読んで気づいた方もいると思いますが、HSPと内向型は特徴はかなり似ていて、「HSPの7割は内向型である」と言ったように、HSPのほとんどは内向型です。

内向型もHSPも「敏感な人」「繊細な人」「1人が好きな人」と説明されることがあるので、区別がつきにくい所もあります。

内向型とHSPの大きな違いとしては、「変化するかどうか」ということです。

HSPは生まれながらの気質で、変化することはありません。

一方で内向型は後天的に備わった性格なので、環境や年齢によって変化する可能性があります。

なので「HSPで内向型の人は、内向型よりもHSPの情報をメインに参考にした方がよい」と僕は思っています。

ただ、情報を全て鵜呑みにすると、「私は内向型だから◯◯はできない」「私はHSPだから◯◯は向かない」と盲目的に決めつけてしまい、自分の自分の新しい可能性や挑戦を潰してしまうことにもなるので

あくまで参考程度の情報として受け取ることがオススメです。

内向型とHSPの違いまとめ

今回は「HSPと内向型の違い」についてご紹介しました。

内容を簡単におさらいすると

  • HSPは生まれながらに変わられない気質
  • 内向型は環境や年齢によって変化する可能性がある
  • HSPと内向型は特徴がかなり似ていいて、HSPのうち7割が内向型
  • 内向型は3人に一人、HSPは5人に一人なので、内向型よりHSPの人の方が少ない

ということでした。

自分がHSPと内向型の両方の特徴があると、「内向型とHSPって何が違うんだ?私はどっちの情報を学べばいいんだ?」

と混乱してしまう方もいると思いますが、HSPと内向型の特徴はほぼ同じで、HSPの7割は内向型ということなので、僕の結論から言うと

  • 内向型でHSPじゃない人は内向型の情報を参考に
  • HSPで内向型の人はメインの情報はHSPを参考に
  • HSPで外向型の人は(HSS型HSP)の情報を参考にする

でOKだと思っています。

自分に嘘のない生き方・働き方を。

「もっと自分らしく生きたい」

「将来が不安で自分に自信が無い」
「自分で稼げるようにりたいけど、何をしたらいいか分からない」

という方の為に
自分の好きなことを仕事にしながら、仕組みを作って自動化で稼ぐ方法が学べる無料コミニュティーを用意しました。

興味がある方は是非下記よりご参加下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

1991年生まれ・愛知県住在
23歳でフリーターとして働いていた時に、将来が不安でネットで起業。

お金だけを追い求める働き方をしても、幸せになれなかった経験から自己分析やコーチングを学ぶ。

何者にもなれない無名の個人が、強みや才能を活かして、WEBを使って好きなこと・やりたいことで稼ぐ方法を教えています。

コメント

コメントする

この記事の目次
閉じる